大規模商業施設で働くスタッフの就業支援を、これまでにない新しい形で実現!!の導入事例

病院内保育所・企業内保育所(託児所)の開設・運営委託

導入事例集

タスク・フォース法人向けサイトHOME > 導入事例集 > 大規模商業施設で働くスタッフの就業支援を、これまでにない新しい形で実現!!

保育所の誘致・開設

大規模商業施設で働くスタッフの就業支援を、これまでにない新しい形で実現!!

導入前の課題

全国に多数の大型複合型商業施設を運営する業界大手の企業様から「商業施設の一画に、商業施設内で働く職員の子どもを預けられ、同時に、お買い物に来られるお客様も一時的にお子様を預けられる保育園を設置したいが、どういった形で実現出来ますか」というご相談を頂いた。

 

お話を伺うと、

 1)商業施設内に入る多数のテナント企業はサービス業も多く女性スタッフも多いが、シフト勤務が多いため、子育てと仕事の両立は大きな課題になっている。

 2)シフト勤務のスタッフの多くは、柔軟性の乏しい一般的な認可保育所に子どもを入れることが出来ず、また、入れてもとても使いづらい。

 3)今のご時世で、多くのテナント企業が人材の採用に力を入れており、商業施設の運営会社としては、テナントの採用を支援していきたい。

 4)買い物に来られるお客様も、一時的にお子様をお預けできる施設があることで、ゆっくりお買い物を楽しんでもらいたい。

ということであった。

導入内容と成果

商業施設内に、弊社の直営保育施設(都市型保育園ポポラー)を設置し、定員の一定枠を商業施設として保有するプランを提案。また、タイミング的に、国が進めている企業主導型保育事業制度の活用が可能であった為、制度を活用した保育施設の設置で進めることとなった。

こちらのプランで進めることとなったポイントは、以下となります。

【商業施設運営会社として】

1)通常の事業所内保育施設の設置では、設置手続きの手間や運営開始後の管理業務が発生するが、弊社の直営保育施設を誘致するという形式とした為、すべてを弊社が進めることで手間がかからない

2)ポポラーが展開する多種多様な保育メニューを利用者に提供出来、魅力度の高い就業支援、採用支援ツールが出来る

3)一般の方の利用者も入る保育園にすることで、園児数の拡大が期待でき、保育の質の向上が見込める

4)自社で事業所内保育施設を設置する場合と比較して、運営コストを大幅に抑えることが出来る。

5)地域貢献(地域枠設定)を通じて会社のブランドイメージの向上が期待できる。

6)企業主導型保育事業制度を活用でき、設置に係るイニシャルコストも、その後の運営に係るランニングコストも大幅に抑えることが出来る。

【利用者にとって】

1)自分の働き方に合わせて、ポポラー独自の多種多様な保育メニューを利用できる。

2)全国のグループ保育(都市型保育園ポポラー)を利用できる

3)たくさんの園児がいる保育園で子どもを預けることが出来る。

4)お昼、おやつ、さらには「夕食」まですべて手作りの給食がある

今回は、多くのテナント企業が入る商業施設内に、そのテナントで働く方、また、お買い物をされるお客様へのサービスの一環としての保育園を設置したいというご相談を、出来る限りクライアント様の負担を抑えた上で、且つ保育の質は高く維持し、利用される方にとって使いやすい保育園である為にはどうあるべきかを細かくご説明をさせて頂き実現した案件となりました。

開園時にはマスコミにも取り上げられ、設置した自治体の市長も視察に訪れ、全国に先駆けたモデルケースとなっております

戻る  導入事例集へ
お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください

ページトップへ