病院内保育所・企業内保育所(託児所)の開設・運営委託

導入事例集

タスク・フォース法人向けサイトHOME > 保育サービス/法人サービスQ&A

一般的な委託会社との違いは何ですか?

<Question>
一般的な委託会社との違いは何ですか?

<Answer>
タスク・フォースでは、常設型の直営施設ポポラー、または法人様所有施設を有効利用するプロペラが保育サービスを提供しています。補助金に頼らず、自社で企画・運営を手掛けていることが特徴です。お客様に評価されなければ、保育園として存続できないという厳しさの中で、自主運営ノウハウを培ってきました。その独自性が何よりの強みであり、事業所内保育所を運営する上で、すべての基準となっています。
 
対して一般的な委託会社の場合、当社のようにお客様からの評価や園児を集めることを意識した保育園運営を行っている委託会社はほとんどありません。なぜなら、園児の増減に関係なく、委託料金は変わらないという契約が主流だからです。システム的に言うと、園と施設の運営をすべて定型的に請け負うというのが、一般的な委託会社の運営方法です。当社の場合、段階的に委託料が変わっていきます。まずは、今まさに目の前で運営されている内容・規模から運営を受託し、園児数が増えるにともない、委託料が増えていくという請負方ができます。ここが同業他社との大きな違いです。その違いは“人的財産”の差。私たちには質の担保された機動性の高い人材を多数確保し、これを必要に応じて派遣・配置することができるため、急な対応にも訓練された人材を配置できるからです。

また、タスク・フォースは補助金をもらっているわけではなく、何もしなくても園児数が増えるわけでもありません。私たち運営陣や現場のスタッフが、きちんとお客様と保護者の信頼にこたえ、子ども達に「ポポラーが好き!」と言ってもらえるような保育をしなければ、園児数はどんどん減っていくことを知っています。園児数がゼロになったら閉園であり、それが保育施設の本来のあるべき姿です。お客様・保護者から評価されず、園児がいなくなったら経営は成り立ちません。保育の品質で一番大切なものは、そこで働く保育スタッフです。当社ではその基準がポポラーにあり、それが一般的な委託会社には真似の出来ない、ノウハウそのものなのです。
 
さらに、キッズコム事業としてスポーツフェスティバルやコンサートにピクニックジャンボリーなどで、園外においても特別なカリキュラムとして、イベントを子どもたちと保護者のために実施しています。最初は、院内保育所なので参加者は少ないといった病院様もいました。でも、会場内に大型バスで乗り込むほど参加者がいたんです。それまでは一時的な預かり所と思っていたのに、ピクニックに行くなんてと、お母さんたちも驚いていました。また、事業所内保育所の雰囲気が、同業他社の場合は場所によってまったく違います。でも、私たちのプロペラは、どこの園に行っても雰囲気は同じです。利用する施設によって規模や多少の雰囲気が違ったとしても、基本的にはよく似ています。これはどの委託会社もやっていない取り組みです。

そして、タスク・フォースの強みは全国展開にもあります。看護師さんは結構異動されます。例えば、ご主人の転勤で、東京の中野区から神奈川県に引っ越しされた看護師さんがいました。転居先で仕事を探しているときに、中野でも使っていたプロペラの院内保育所があり、「これで安心。だって同じようにしてもらえますものね」と言われて入職された事例もあります。従事する保育スタッフによって保育の品質が変わるのではなく、タスク・フォース、ポポラー、プロペラだから、どの園に行っても、どの保育スタッフがきても高品質というのが、私たちの強みであり、特徴なんです。会社としてこういう考え方を持っている、その理念の浸透を図ることが大事だと思っています。ポポラーという常設型の自主運営、オリジナルブランドを補助金に頼らずにお客様から評価を得ることで経営を続けてきている事、そのノウハウの全てが大切な財産です。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください

ページトップへ