病院内保育所・企業内保育所(託児所)の開設・運営委託

導入事例集

タスク・フォース法人向けサイトHOME > 導入事例集 > 直営する院内保育所の固定費が高くて困っていた某病院

直営保育所の委託切り替え

直営する院内保育所の固定費が高くて困っていた某病院

導入前の課題

病院様にとって院内保育所は、あくまでも福利厚生の一環です。出産・子育てによる看護師の退職を未然に防ぎ、産休後も職場に復職してもらいやすく、新しい人材の確保に効果的な施策でもあります。基本的に、タスク・フォースへいただくお問合せの大半は、その経費をできるだけ下げられないかというご相談です。そもそも保育所運営の経験がなく、本業ではない病院様にとって、現状の運営コストが妥当なのか、高すぎるのか、判断が難しいとお困りのようです。とはいえ病院の経営上、保育所運営を負担に感じられているケースが増えています。なぜなら自社の福利厚生用の施設を使い、自社の従業員を使って、自社の就業規則に合わせて運営しているからです。当然、コストは高くなっていきますし、働く保育士が経験値を積み上げていけば、その分昇給させていく必要があります。また、保育園の評判が良くないため、園児が減ってしまうというご相談もいただきます。それもそのはず、従業員が従業員の福利厚生を担当するため、プロに徹したサービスが不十分な保育を提供しているからです。しかも、園児数が減っているにも関わらず、採用した以上は、この従業員の就労確保のため、さらに費用対効果が悪くなってしまいます。それでも人材を抱えざるを得ない状態では、固定費を高く感じるのも当然のことです。

10年以上も完全直営で、自社の従業員により、24時間体制の院内保育所を運営していた某病院様のケース。福利厚生の一環とはいえ、院内保育所が占める経費の割合が非常が高く、病院様の経営者が変わったことを契機に見直しが検討されました。それまでは、院内保育所を24時間365日、たった1人のお子さまであったとしても保育所をあけていたそうです。その上、従業員のシフトが組みやすく、勤務しやすい体制を優先して保育園を運営されていました。そこで当社では、「本来、病院様が掛けるべき経費と削るべき経費があるのでは?」という観点からお話をさせていただきました。お預かりする園児が少ない場合も考えて、「夜間の配置は必ず2名ではなく、1名にしたらどうでしょう?」とご提案。それまでは、夕方5時から翌朝10時までの夜勤帯にお子さまを預けたとすると、17時間ぐらい稼動してることになっていました。これは2名分だと34時間、月間30日あるということは、900時間ぐらいの稼働時間になります。従業員数も9名必要になり、1名につき毎月30万円の人件費が掛かるとすると、合計で毎月2700万円もかかる計算になります。しかし、あらためて当社で調査を行い、病院様の従業員数・ベット数、病棟ごとの夜勤勤務者人数から考えると、実質的には月20日ほどしか夜勤帯の保育は必要なかったんです。

導入内容と成果

そこで、「サービスの品質は落とさずに、削るべきところを削りましょう」とご提案。「掛けるべきところに掛け、掛けなくていいところ削る」ということが、現場の管理から保育施設の運営まで、私たちタスク・フォースに一括でお任せ頂くことが最大のメリットです。面倒なことを外注するからこそ、経費が削減できるとお話させていただきました。経費がかさむ根本を理解していただいた上で、「経費削減といっても、サービスが低下するとか、保育の品質が落ちるわけではありません。むしろ、細かなオペレーションが出来る事によってサービスの価値が上がるので、物理的には金額が下がることになります」と補足しました。まさにそういう部分を全く管理されていなかったからです。

この病院様の院内保育所は、当社が委託を請け負った現在も365日24時間運営になっています。人的な不足は、圧倒的な稼働力でカバー。当社にはベビーシッターのラビットクラブがあるからです。お子さまがお一人でも保育の申し込みがあった場合は、ラビットクラブから人員を派遣します。その代わり、もし申し込みがなければお休みとしました。契約の上では30日ですが、実質は20日ぐらいしか稼働していないということりにより、必然的に契約料が安くなるというカラクリです。おおよそですが、一千万円単位での削減が実現できたと思います。従来の40%オフくらいでしょうか。システム的な人員配置をすることで、無駄な人件費を使わずに、トータルとして安く済むという計算です。だから、単価や給料などを切り詰めて原価を下げてるわけではないんです。柔軟に対応できるべビーシターというサービスを持っていることが、私たちタスク・フォースの強みです。ある程度、急な対応もできるような体制を取っているからこそ、従業員の質が落ちたり、サービスの内容が低下するようなことは絶対にないと自負し、実践しています。

戻る  導入事例集へ
お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください

ページトップへ