病院内保育所・企業内保育所(託児所)の開設・運営委託

導入事例集

タスク・フォース法人向けサイトHOME > 導入事例集 > 保育所の直営(自主運営)から委託運営への切り替え

直営保育所の委託切り替え

保育所の直営(自主運営)から委託運営への切り替え

導入前の課題

院内保育を自主運営してきましたが、見直しを考えています。
ただ、現在預かっているお子さんがいるので体制変更が心配です。

導入内容と成果

最近では認可保育園・公立の保育園も民営化されるケースが多々あります。
当然ながら現時点での利用者の方々は、運営主体が変わる場合に躊躇され、不安を抱える方も多くいらっしゃるのが現実です。
しかし、問題は運営主体が変わった時に、それ以前の保育サービスの品質よりそれ以降の保育サービスの品質が劣る場合に、大きな問題が起きるケースがあり、逆に運営主体が変わっても、保育サービスの品質が上がった場合には、利用者の方々は100%喜んでいただけます。
運営主体が変わる時点では、色々と労力が掛かることもありますが、まさにそれこそが当社に任せていただきたい課題です。また、保育施設の運営は、ビジネスとはほど遠い特殊な専門的施設の運営となります。
当社が法人クライアント様からよく耳にするのは、自社保育施設の管理担当者様が保育の専門的知識がなく、あるいは保育現場のことがよく分からないために、保育現場の思うままにならざるを得ず、結果的に管理機能の高コスト化や、保育品質の向上が行われていないという問題です。当社は多数の直営保育施設、および院内保育所・企業内保育所を運営している専門的管理企業、マネージメント企業だからこそ、ぜひこの部分はアウトソーシングして頂くべきだと考えます。安心して当社にぜひご相談ください。

戻る  導入事例集へ
お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください

ページトップへ